2007年04月01日

風林火山 第13回 招かれざる男

今回は全体的に明るく軽ーい感じの内容でしたが、でも面白かったー!!
というか、半ズボン君(源五郎)の美少年っぷりにお姉さん七転八倒。
勘助に館が与えられて彼の元を去ってしまったのが非常に寂しいですよ!!
この先「高坂(香坂)弾正」として登場しても、きっと鎧姿とかだろうし。うーむ残念。
ああでも晴信のすぐ後ろに控えてたりしたら・・・!!(悶絶)

と、そんな感じで源五郎タンに '`ァ(;´Д`)'`ァ していたわけですが
しかし・・・キましたね。思いもよらぬところからの伏兵。萌え攻撃が!!
そう、たぶん皆様のご想像通りだと思います。ニクイアイツ。鬼美濃こと「原虎胤」!!
何この可愛い人!!ちょ、ちょっと心の準備が!!!!

というのも、私の好きキャラランキングでかなりの上位を陣取っている
三国志に登場する武将「夏侯惇」と似た空気を彼に見てしまいました。
なんて書くと、私がどれだけ夏侯惇が好きかを知る友人に驚かれてしまいそうですが
こう無鉄砲振りなところとか、変に可愛らしいところとか。はー萌ゆるー・・・(恍惚)。
それにですね、彼について少し調べてみたのですよ。

>武勇名高い猛将で鬼美濃、夜叉美濃と渾名されて畏怖されたが、戦場で負傷した敵将を
>敵陣まで肩を貸して送り届けたと言う逸話も残る情け深い大将でもあった。
>攻城戦の名手としても名高く虎胤の落とした城は補修が最低限で済んだと言われる。
(BY wiki

そういうとこも、なんだか夏侯惇っぽいじゃないですか!!
あと「とん」って響きが可愛かったの同様「とらたね」って名前も可愛いくてたまらん。
はー可愛い。あー可愛い。誰かー!!虎胤好き誰かおらんかー!!!!

このままいったら、確実に『信長の野望』系戦国シミュを買ってしまいそうな自分がいる。
『三國志』だけで手一杯なのに!!勘弁してっ!! ・゚・(ノД`)・゚・
posted by 麻吉 at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ>大河「風林火山」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
トラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/37545614 ※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。