2007年05月13日

風林火山 第19回 呪いの笛

馬場ちゃん(教来石景政)さえ出てきてしゃべったのに!!のに!!のにっ!!!!
そんなわけで、今回も私の原虎胤たんはどこかへ行ったまま戻りませんでした。
つか「勘助はまだ戻らんか」とか殿はおっしゃってましたけどね
虎胤たんの方がまだ戻らんかでしょうによ。どこに置いちゃってるのよ。諏訪?どうなの?

そんなわけで、もーここまでオアズケ喰らうとですね、空腹は最大のスパイス通り越して
餓死ですよ!!見るの止めちゃいますよ!!なんて嘘です。
見ますよ。見ればいいんでショー!!という事で私的今回の見所はこちら

・前屈みになった板垣の胸元がアップになって鼻血大噴出。
・「あのような下手な詩を!」勘助思わず失言。本気で詩が下手な晴信に萌ゆる。
・正室に「顔が悪い」と陰口を言われる晴信に腹痛。
・今後は常に目を潤ませていこう。勉強になりました。志摩ありがとう。
・嫉妬か。嫉妬なのか。弾正くん(春日源五郎)正室の悪口。爆笑。
・武田重鎮のオッサン下ネタトーク今回も炸裂。皆好きなんだから!!
・閨(ねや)の場でまで勘助の話をしてしまう晴信。
・勘助が戻るまで動かないよ!!ぷん!!な晴信。そんなに勘助が大事か。好きなんか。

「呪いの笛」だなんて物騒なタイトルだったので、笛の口部分に毒でも塗ってあるかと思ったら
ある意味もっとエゲツナイ方法の為に使われた笛でしたね。
三条夫人!!そんな自分の首を絞めるような事を!!切ない!!だが自業自得!!
それにしても侍女に笛吹かせようと考えたのは晴信ですかね。バレバレでしたよー!!

とりあえずは来週の予告に胸が躍りに踊った私。戦シーン来ますね!!
虎胤たん出るか!?板垣のナイス二刀流が見られるのか!?楽しみです。ふっふふふ。
posted by 麻吉 at 23:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ>大河「風林火山」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。