2007年06月25日

風林火山 第25回 非情の掟

今回は見所盛り沢山と言うか、萌えどころ満載と言うかハァハァしっぱなしで
肝心要の相続争いとか正直どーでもえーわって感じでした。ってヒドイ!!

だってだって告げ口する気満々で聞き耳立ててる山県(飯富源四郎)たんとか。
可愛ゆらしいったらありゃしない演技でハート鷲掴みの寅王丸キュンとか。
あと・・・あと・・・武田家臣2大カワイコちゃんの駒井と弾正(春日源五郎)が
何か二人で一緒にお仕事してて、どうしようかと思ったよーー!!!!
いや、間違ってもこの二人がどうこうという事ではなくてですね(誰もそんな事言うとらん)
相続だーなんだで真っ黒くて鬱陶しい空気になってる武田家の中で
この一室だけが癒し空間と言うか清涼な風が吹いていると言うか。
巻物がお花畑に見えるようでした!!(馬鹿で結構!!)

あと少々余談ながら、公式HPの6/19更新版『大河三昧』読みまして?皆様読みまして?
作中では駒井が殿をめちゃくちゃ大事に思ってるのがヒシヒシと感じられましたが
現実では晴信が駒井を・・・もとい亀治郎たまが駒井役の高橋くんの事を
好き過ぎて好き過ぎて読んでるこっちが恥ずかしくなるほどの好き好きアピールしてて
もぉぉぉぉぉーーーっ!!って感じで大悶絶でしたよ!!読んでない人は今すぐ読んで!!
その仲良し舞台裏写真とか今度発売のオフィシャル本に掲載されないかしら。
あと山県&弾正&駒井の側近ズによる「僕らのお屋形様」対談とか・・・ねーよ!!

他にはやっぱり今川三人衆はいいな〜とか
勘助の眼帯カツカツやる今川殿エロい!!とか
謎のコマ割り演出はなんだったんだとか
久し振りに甘利の勘助嫌い発言に、やっぱり甘利はこうでなくっちゃとか
板垣殿の新しい着物もやっぱりトンボ柄だったとか

あーでもやっぱり今回の主役は駒井くんだったかな。駒井可愛いよ駒井。
晴信みたいにさ、甘やかされて・・・と言うか誰も文句の言えない身分の人間もさ
誰かに叱って欲しかったり、ちゃんと意見言って欲しい時ってあるもんで。
だから今回の駒井くんの進言は晴信もなんか嬉しかったんだろうなーなんて。

あと肝心の勘助はよう、四郎くんが無垢で美しいのも確かにその通りだけんども
寅王丸キュンだってもーめっちゃくちゃ可愛くてピュアッ子だったじゃないのさ!!
私の中のショタ魂が久し振りに点火したわよ。そんな寅王丸を・・・勘助の馬鹿馬鹿!!
つか、最近の勘助はさ・・・皆まで言うまい。勘助目を覚ませ!!

あ。書き忘れるとこだった。
もしかしてもう当分出てこないのかと思っていたGackt氏来週登場ですな!!
あと次週は戦なお話みたいだし。来週も本当に楽しみだわーい!!
あと今回の『風林火山紀行』が弾正たん縁の地で意味も無く萌え申したよ。
やっぱり山梨へ行かねばイカンのではないかしら・・・友よ!!
posted by 麻吉 at 20:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ>大河「風林火山」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。