2007年10月14日

風林火山 第41回 姫の死

この作品の中で1番凄い人物って実は雪斎だったんじゃないか!?

と言う事で、今回の本来の主役は由布姫であって、姫の最後・・・と言うか
勘助との最後の会話には、それはそれでしっかりウルっとしたのですけども
しかしそれよりもさ!!だってさ!!
こんなひょっこり後の徳川家康が登場するとは思ってなかったからさー!!
いやあビックリした。と言うか凄い。凄いよ雪斎!!
元服するまで手元に置いて愛で・・・もとい手塩にかけたって
最終的勝者であるところの家康の基礎を構築したと言っても過言ではないじゃないか。
まさにキングメーカー!!ハラショー!!

あと、雪斎の最後。一瞬毒殺!?と思ったら、いびき!!いびきが!!
気絶→いびきのコンボなんて超絶“脳卒中”じゃないですか!!怖ー!!!!
というか、普通に倒れるだけでなくて、いびきまで再現した所に感服致しました・・・。
最後まで素晴らしい存在感。雪斎殿、いや伊武雅刀さんお疲れ様でした!!

その他諸々
・伝兵衛はミツと勘助の事を思って独りでいると言うのに、勘助は・・・。
・「男に出来るかさような事」いや色仕掛けは男にだって出来るよ葉月!!ニヤ
・「得をした気になる」葉月そんな露骨な!!でも非常に素直な意見であるよな〜。
・やっぱり伝兵衛&葉月コンビは良いです(´∀`)ウフフ
・「約束なさい!!」な由布姫と勘助はまるで、母と出来の悪い息子のようであった。
・え?に、200日!?ながっ!!
・武田は気軽に今川家を利用し過ぎではないか・・・。
・元信(後の家康)に対する雪斎の接し方がエロい!!エロ過ぎるよ!!
・雪斎死去の知らせを受けた時の氏真の顔!!驚いてねー!!ポカーンだ!!w
・姫死去の知らせに驚いたからって、手に持ってた兜落とすとかなんて古典的な。
・こんな独り言ブツブツ言いながら切りかかってくる敵って怖いよ!!勘助怖っ!!

っつー事で、ショックのあまり暴走気味の勘助くん(50代)は
次週、御屋形様をほっぽって感傷旅行に行くご様子ですが・・・
つか、なんで勘助と影虎斬り合ってんの!?何?影虎も出奔?は?ギャグ?
はーもうまったく!!毎週の事ながら、次週も目が離せませんですよ!!!!
posted by 麻吉 at 23:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ>大河「風林火山」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。